かるてん

未来の社会を支えるテイジンの災害対策ソリューション

GOOD DESIGN

TEIJIN

「第3回 事前防災・減災対策推進展」に出展します

2016年7月14日

帝人グループは、7月20日~22日に東京ビッグサイト(東京都江東区)で開催される「第3回事前防災・減災対策推進展」に出展します。(展示ブース:2A‐09)

本展示会は、近年、事前防災・減災対策の必要性が高まる中、早期復旧に備える意識の向上を目的に、製品、技術、サービス、先進的な取り組みなどが一堂に展示されるものです。帝人グループは、昨年に引き続き2回目の出展となります。

帝人グループは、このたびの出展を通じて新規顧客の開拓を目指すとともに、今後の超高齢化社会や巨大地震発生時の同時多発火災などの対策に向けた製品やソリューションを提案し、安心・安全な社会づくりに貢献していきます。

【 主な出展内容 】

・緊急防災毛布「もうたんか®」
火災発生時にも燃えにくい難燃性と、繊維上の細菌を抑制する制菌性を併せ持つ、独自開発の難燃制菌素材「エースツイン」を使用した毛布。コンパクトに備蓄することができ、緊急避難の際には防災毛布として使用することができます。また、人命救援の際には組み立てずに、そのまま担架として使用できるため、救助や運搬に要する時間を大幅に短縮することができます。毛布としては唯一、内閣府(防災担当)・防災推進協議会の構成団体である一般財団法人防災安全協会から「防災製品等推奨品」として認定されています。

・新防災素材「プルシェルター™」
帝人のアラミド繊維の優れた耐熱性・難燃性と、カネカのアクリル系合成繊維が持つ火災の延焼を防ぐ消火性とを組み合わせた新しい防災カーテン素材。炎に接すると生地が炭化するため、初期段階で消火することができます、また、溶けて身体に貼り付くことがないため、防災ずきんやマントのように頭からかぶって使用することもできます。カーテン素材としては唯一、内閣府(防災担当)・防災推進協議会の構成団体である一般財団法人防災安全協会から「防災製品等推奨品」として認定されています。

・超軽量天井材「かるてん®」
帝人のポリエステル製タテ型不織布「V-Lap」を基材とする不燃軽量天井材。従来の天井材に比べて柔らかく、重さが約1/10と軽量であるため、万一、天井が落下しても、被害を最小限に抑えることができます。また、吸音性能や断熱性能に優れ、建築基準法で定められた不燃材料の規定にも適合しています。

 

■当件に関するお問い合わせ先
・報道関係のお問い合わせ
帝人株式会社 コーポレートコミュニケーション部 03-3506-4055
・その他のお問い合わせ
帝人株式会社  エンジニアリングファイバー部 フリクション・シール課  03-3506-4873

掲載されている情報は、発表日現在のものです。
その後、内容が変更になっている場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

 

一覧へ戻る

テイジンは軽量天井材「かるてん」の開発だけではなく、
「かるてん」を用いた工法の開発まで行っています。
天井の安全対策をお考えでしたら、工法選びからテイジンにご相談ください。

Top